おすすめ

ミュンヘンのビアホール「ホフブロイハウス」で酒池肉林
こんにちは!筆者は自己紹介で「ビールが好き」と言ってしまうほどが大好き。私がビール大国 ドイツへ訪れた際に最も「おいしい!」と思ったビール!

その名は、

ホフブロイハウスのホフブロイ・オリジナル(Hofbräu Original)

 

ホフブロイハウスはミュンヘンを訪れた際には、是非足を運んでみて頂きたい場所です。ビール好きにはもちろんですが、観光スポットとしても有名でビールを飲めない方も楽しめるビアホールとなっております。実際に、子供のいる家族連れもたくさん来てました。

 

今回はビール好きor嫌いどちらの方にもおすすめできるホフブロイハウスをご紹介致します。

 

また最後に、日本でホフブロイハウスのビールを楽しめる場所がありますのでご紹介します!

スポンサーリンク

ホフブロイハウスの概要と内観

ホフブロイハウスはミュンヘン中央駅から20分ほど歩いた場所にあります。
「少し遠い?」と思われるかもしれませんが、ミュンヘンの街の中心部を歩くため観光しながらいけるのでそこまで遠くは感じないと思います。

 

ホフブロイハウス 外観

ホフブロイハウス 外観

 

 

「ホフブロイ」とは宮廷ビール醸造所という意味で、1589年に開設されました。1階がビアホール、2階がレストラン、3階が有料ショーのフロアとなっております。夏季は中庭がビアガーデンとなるそうです。今回は冬に訪れたので、1階のビアホールでビールと料理を頂きました。

 

ホフブロイハウス 一階 ビアホール 内観

一階 ビアホール 内観

 

ビアホールは1300人収容される体育館のような広さ!席は長テーブルで他の人との相席になります。お店は自由に出入りできるので、勝手に店内を歩いて空席を探しました。日本では二人だと対面に座ると思いますが、ドイツでは横並びで座っている人も多くいました。対面:横並び=1:1くらいの比率でしょうか。

 

我々は二人できていて横並びの席が空いていたので、先にテーブルにいた若い男性グループに「Would you mind if I sit here?」(ここに座ってもいいですか?)と聞いて、横並びで席に着きました。テーブルにつくと、卓上には水色の可愛いデザインメニューがあります。世界中から観光客が訪れるため、ドイツ語メニューの他に英語メニューも置いてあります。

 

ホフブロイハウス メニューの表紙

メニューの表紙

ビールと料理

注文時は英語でも何の料理かわからなかったので店員のお兄さんに「Could you tell me your reccomend?」(おすすめはなんですか?)と聞いて、おすすめされたビールと料理を頼みました笑頼んだメニューはこちらです!

 

《ビール》

左:ホフブロイ デュンケル 右:ホフブロイ オリジナル

左:ホフブロイ デュンケル 右:ホフブロイ オリジナル

Hofbräu Original1.0L

 

(ホフブロイオリジナル)/8.6€

Hofbräu Dunkel 1.0L

 

(ホフブロイデュンケル)/8.6€

 

まず、ビールですが黒ビールよりもラガーが好きな私はホフブロイオリジナルが大ハマり!量は1L!ドイツでは女性の方もガンガン1Lの大ジョッキで良い飲みっぷりでした!味は透き通ったペールゴールドの色から想像できるような、コクとキレがありスッキリと素晴らしいバランス。ドイツ旅行中、一番美味しいビールでした!

《料理》

右:シュバイネハクセ 左:ソーセージの盛り合わせ

右:シュバイネハクセ 左:ソーセージの盛り合わせ

A whole roasted knuckle of pork

 

(いわゆる「シュバイネハクセ」)/14.90€

Original HB sausage platter

 

(ザワークラウトとソーセージの盛り合わせ)/12.90€

 

豚の足をローストしたミュンヘンの郷土料理シュバイネハクセは、皮はカリカリ、肉はジューシーでビールがよく合います。丸いやつはポテトなのですが、女性は食べキレないくらい重いです笑

 

そしてドイツといったらソーセージ!味は少し辛めで、ビールにも合うしザワークラフトとの相性も抜群!オススメなだけあります!

《ついでにプレッツェル》

プレッツェル

プレッツェル

プレッツェル

 

(席に売りに来るので買いました)/確か4€くらい

 

今回のドイツで初めてプレッツェルなるものを食べたのですが塩味が美味しくて見かけるたびに食べてました。ドイツでは、日本でいう「居酒屋の突き出し」のような感じでビアホールで提供されました。

ここまででビールと料理をご紹介しました。料理と言っても肉ばかりですが、ビールとの相性は保証できます!

ホフブロイハウスの光景はまさに、酒池肉林といった感じでした!

ホフブロイハウスを日本で味わう3つの方法!

ここまでホフブロイハウスを簡単にご紹介しましたが、実は日本でもホフブロイハウスの味を楽しめるのです。

 

《新宿の「ツム ビアホフ」》

実は新宿に、本場ドイツからホフブロイハウスのビールを直輸入しているお店があります。「ツム ビアホフ」です。店内はミュンヘンのビアホールを天井絵まで忠実に再現しているため、本場の雰囲気を味わえます。また、アイスバインなどのドイツ料理も味わえるためビールが進むこと間違いなしです!

 

《赤レンガ「フリューリングスフェスト」》

みなとみらいの赤レンガで毎年春に開催されるドイツをフューチャリングしたお祭り「フリューリングフェスト」でもホフブロイハウスの「HB」の文字を見かけた時があります!外で飲むビールは最高ですよね!

みなとみらい オクトーバーフェスト ホフブロイハウス

みなとみらい オクトーバーフェスト

 

《瓶ビールもある!》

ラガービールのホフブロイ オリジナルの瓶ビールがあります450円/本なので缶ビールよりは高いですが気軽に飲めます!買えるお店の例としては、池袋の駅にある西武デパート地下1Fのお酒売り場で買うことができます。他には、町田にあるリカーポート 蔵屋でも見かけました。

 

このように日本でも結構色々なところで飲めますのでビール好きの方は是非!一方、ミュンヘンのホフブロイハウスはビールは苦手という方も楽しめますのでミュンヘンにお寄りの際はディナーにいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
面白ければ、ブックマークやSNS共有お願いします!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事