おすすめ
大久野島 うさぎ

広島県瀬戸内海に浮かぶ全周4.3kmほどの小さな島『大久野島(おおくのしま)』
多数のうさぎが生息していることから『うさぎの島』と呼ばれています

日本には猫が多く生息する『猫島』と呼ばれる島は多くありますが、『うさぎの島』は大久野島だけだと思います。
とはいっても「運が良くなければ見れないんじゃない?」「近寄ると逃げられちゃうんじゃない?」など思われるかもしれません。

今回は、
「本当にうさぎに出会えるの?」
「どのようにうさぎと触れ合えるの?」
ということを写真付きでご紹介します。

大久野島 基本情報
◆アクセス忠海港から大三島フェリーで約15分ほど(1〜2本/h)
忠海駅までのアクセスは
電車:JR呉線 忠海駅から徒歩3分
バス:広島駅から芸陽バス「かぐや姫号」竹原経由で約1.5h
車:付近に無料駐車場あり(連休時には混むためお勧めしません)
◆お問い合わせ
忠海港:0846-26-0853 ( 7:00〜19:45 / 365日)
大三島フェリー:0846-22-6199(http://sanyo-shosen.jp/omishima/)
休暇村大久野島:0846-26-0321(https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/)

スポンサーリンク

本当にうさぎを見れるの?どこにいるの?

はい!確実に見ることがます!

大久野島は全周4.3km,面積0.7km2ほどの小さな島ですがなんと900羽以上のうさぎが生息していることが確認されています。(参考※1より)
しかも2007年には約300羽、2013年には700羽と現在も年々増加傾向にあるようです。

単純にうさぎの羽数(900羽)を面積(0.7km2)で割って見ると、

うさぎ密度=約1285羽/km2

1km四方に約1300羽のうさぎがいることになります!調べてみた所(※3)、千葉県の人口密度が1200人/km2くらいらしいのでそれよりも密集していることになります笑
もちろん実際は高低差や入り込めない場所などがあるため、この密度で分布しているわけではありません。しかし、驚異の数字だと思いませんか?

島に入ったら、うさぎに出会わず脱出することは不可能でしょう!

『うさぎはどんな所にいるのか?』ということに関しては

島中どこにでもいます!

道路、山、茂み、砂浜、花壇、車の下、看板の下・・・などなど、本当にどこにでもいるので下調べの必要などはありません。
色々な姿のうさぎがいる風景が見れて面白いのでカメラを準備していってください!

  • 大久野島 看板の下にうさぎ
    看板の下のうさぎ

うさぎと触れ合えるの?ポイントは餌!

餌を持っていればうさぎから寄ってくるため頭を撫でることもできます!
忠海港のフェリーチケット売り場にうさぎの餌が売っていますので買っていきましょう。
※島内では餌は売っていませんので確実にここで買いましょう。

餌を持っていれば5,6羽のうさぎに囲まれることもあります笑
餌を手から食べている時のうさぎのなんと可愛いことか・・・

ただし、うさぎは元々は警戒心の強い動物です。こちらから寄っていっても逃げてしまいます!
餌を持ってうさぎが寄ってくるのを待ちましょう。

  • 大久野島 餌やり風景
    餌やり風景

ここでうさぎと触れ合うことに関して注意があります!
うさぎに触れたいからと、うさぎを抱きかかえたり、追いかけたりしないでください。
人間慣れしているものの、野生のうさぎには変わりないため、かかえられることには慣れていません。
うさぎが暴れて怪我をする可能性があります
また、鳥獣保護法により環境省の許可なしに野生動物を捕獲することは禁止されていますので、持ち帰ったりはしないでくださいね笑
こちらの注意の一部は※2を参考にしました。

本当に注意!GWに行く時のポイント!

GWなどの大型連休中は非常に混雑するため、駐車場は満車,フェリーは1.5h待ちのような状況になってしまいます。
大型連休に行く時には午前中電車やバスなどの公共交通機関を使って行くのがおすすめです!

GWの混雑の様子を紹介しているブログがありますのでよろしければご覧ください。
↓私がいった時もまさにこんな感じの混雑でした。
https://inakadaisuki.com/okunoshima_rabbitlsland/#i-4

最後までお読みいただきありがとうございました。
大久野島にはうさぎだけではなく、毒ガス工場といった歴史的な遺産もあったりします。
毒ガス工場の歴史などはwikipediaにも乗っていますのであらかじめみておくと良いでしょう。

参考(※1):https://mainichi.jp/articles/20181129/ddm/001/020/136000c
参考(※2):http://rabbit-island.info/
参考(※3):https://uub.jp/rnk/p_j.html

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事